IT技術が進歩したことで、多様な働き方が可能になってきました。
特にオフィスワークの場合は、必ずしも出社する必要がないケースも多くなっています。
また、都心やオフィス街に社屋を構える必要も、以前よりはなくなったと言えます。
IT化により情報伝達が容易になり、高速インターネットサービスを使えば事足りることも多くなってきているためです。

わが国の勤労者は概して通勤時間が長く、都市部への通勤電車の混雑も並大抵のものではありません。
これも労働時間の一部と考えると、通勤時間や通勤状態がそのようになっていることで、かなりの損失となっていると言えます。
通勤だけで相当なストレスになっている勤労者が多く、改善が望まれているところです。
職住近接が理想ではあり、ITの活用でサテライトオフィスや自宅での勤務が可能になるなら、大いにストレス軽減となることでしょう。

IT技術の進化により、都心やオフィス街と離れた場所に職場を設ける事業所も増えてきています。
子育てしやすい自然豊かな場所に住み、通勤時間も短いとなれば、子育て世代も非常に働きやすくなります。
昔は都会から離れた場所はなにかと不便でしたが、IT技術の進化により、地方にいても以前ほどは不便を感じなくなっているようです。
現代のライフスタイルでは、インターネットでさまざまなことが完結するため、都市部に住んでいないと不利という面が少なくなってきています。

インターネットのイメージ このように、IT技術の進歩は一極集中を抑えるのに貢献しているようです。
仕事のある場所に人々は集まっていくものですが、今後はITの活用によって、集まる必要がなくなっていくことが期待されます。
そこそこの都市が全国各地に分散して存在し、人々が豊かな自然と広い空間の中で暮らし、働けるというのが理想ではあります。
職住近接も叶い、通勤時間が短くなれば、女性もより働きやすくなることでしょう。

サテライトオフィスや自宅での勤務がより普及して行けば、職場に長くいることが重視されるという働き方も変わっていくでしょう。
成果重視になっていき、業務効率化も図れそうです。
それによって仕事中心になりがちなライフスタイルも変化し、問題となっている過労死やブラック企業問題も改善されていくことが期待されます。

これだけ劇的にIT技術が進歩した現代では、業務効率化はもっと図れると見られます。
IT技術利用に更に慣れ、そうしたシステムが成熟していけば、働き方は相当変わるはずです。

企業もIT導入で働きやすくなった

企業のビジネスマン 企業がITを導入することで、いろんな仕事がずいぶん楽になり、働きやすくなっています。
女性や高齢者には向かないとされていた仕事でも、IT技術を駆使することで可能になったりもしています。
今後はますます高齢化が進んでいきますから、高齢者にも楽におこなえる仕事が増えるというのは歓迎されることです。

高齢者は一般的に新しいことを覚えるのが苦手で、教育の手間がかかるために企業も敬遠しがちです。
しかし現在は業務内容をマニュアル化したり、教育用動画を製作することが楽になっているため、教育の手間がずいぶん省けるようになっています。
これにより、仕事を教えるための人件費が大幅に削減でき、高齢者も雇いやすくなります。
IT導入によって、高齢化社会にも対応しやすくなっていると言えるでしょう。

事業所や営業所を複数かかえる企業では、各所との連絡が飛躍的に取りやすくなっています。
どんなに離れていようと瞬時にデータのやり取りができますし、テレビ会議などもできますから、社員がその都度移動したり、郵便物の到着を待ったりする必要がかなりなくなってきています。
業務がより短時間でおこなえるようになったことで、多くの企業で仕事がはかどるようになっているようです。

企業の中には、都市部から地方に職場を移すところも出てきています。
地方なら地価も安く、求人もしやすいため、メリットは大きいようです。
以前は都市部にいないと、取引先などとの連絡が取りにくい面が多々あったようですが、現在は高速インターネットサービスを使ってどこにいても瞬時にやり取りできます。
物流と関係ない職場であれば、どこにあっても同じ、というところは多くなっていますし、今後は更に増えていくと予想されます。

都市部に職場を置かないと、求人しにくいということも少なくなりつつあるようです。
むしろ住居費が安く、自然が豊かで通勤も楽なところがいいという勤労者も多くなってきていることから、企業の地方移転は進みそうです。
通勤時間が短くなり、通勤ラッシュとも無縁になり、職場での業務効率化も進み、ということになれば、仕事の能率もアップすることでしょう。
IT導入で、それまで存在したいろいろな無駄が省けるようになった、と言えます。

ITの活用が更に普及していけば、在宅勤務ということも一般化していく可能性があります。
在宅勤務なら可能である女性や高齢者は多そうです。
現在の深刻な人手不足が、それで少しでも解消されることが期待されます。